中学受験に向けた学習のスタート

中学受験に向けた学習のスタート

中学受験に向けた学習のスタート 中学受験に向けた学習のスタートは一昔前よりも早くなっています。小学校5年生からスタートしていたような30年前とは違い、ほとんどの学習塾では小学校3年生から中学受験のクラスをスタートさせています。

もちろん、受験の準備を始めるタイミングには個人差もあるので、どこが正解と言う事はありません。しかしながら、小学生が詰め込み型の学習で、さらにテクニックを求められるような中学受験に対応するためには早いに越したことはありません。
まずは小学生になったら、勉強が嫌いにならないようにしましょう。

勉強は面白い、勉強をすればこんなにいいことがあるというイメージを子供に自然に持ってもらうことが先決です。そして、子供が中学受験に向いているかどうか、または公立の学校に向いているかどうかを親として見極めてあげましょう。子供にストレートに受験したいかどうかを聞くのは、さすがに親としてもナンセンスです。

適正を見極めた上でうまくコーチングして受験するなら早いタイミングで学習塾選びを始めるべきではないかと思います。
それが3年生進級時か、4年生進級時かは個人差があるでしょう。何れにしても勉強をすること、中学受験をすることに対して本人が納得していなければ数年間学習を続けていくのは難しくなります。

最新記事